2008年(平成20年)の杉浦厩舎



2008年の勝利数(JRA限定)は17勝(内重賞0勝)です。詳細はこちら



2008年を振り返って!

去年の今頃、私が掲げた2008年の杉浦厩舎の目標は、「年間25勝、古馬OP馬の誕生、2歳OP馬の誕生、重賞連対」の4つでした。
結果は「年間17勝(JRA限定)、ショウワモダン(4歳)がOP入り、アイアムカミノマゴ(2歳)が年末にOP入り、重賞連対は果たせず」といった結果でした。

年間17勝は寂しいですが、近年目立っていた未勝利戦や500万クラスでの勝星だけでなく、今年は1000万クラスや準OPでの勝星もありましたので、若干質の高い17勝ではないでしょうか。

また、今年夏、デビューから3年間杉浦厩舎に所属した大野拓弥騎手がフリーになりました。フリーになった経緯は知りません。しかしフリー転身後に杉浦厩舎所属馬に一度も騎乗機会がなかったのは残念でなりません。

さて、2009年の厩舎古馬陣をみますと。看板馬・ショウワモダンはダート短距離戦で是非重賞を狙ってほしいです。可能ならば地方交流重賞にも参戦してほしいです。ファイナルスコアーは準OPからスタートしますが、こちらもダート短距離の重賞戦線に顔を出してくれるでしょう、期待します。ゴールドマインやサインオブゴッドは準OPで頭打ちでしょうか、何とかもうひと花を。あとダート長距離を中心に活躍し準OPまで出世したマルブツクロスが年末に障害デビューしました。結果は案外でしたが、平地の脚がありますので期待しております。
2歳馬は3頭が勝ち上がり、そのうちアイアムカミノマゴが2勝しOP入りしました。去年の1頭1勝よりは結果を残しておりますが、まだまだ満足できる内容ではありません。
アイアムカミノマゴは、現時点ではダート短距離で2勝ですのでクラシックシーズンの使い方が難しいかもしれません。堀紘一氏の「アイアム」の今年の2歳勢は良血も多いので、未出走、未勝利の馬はなんとか早めに勝ち上がってほしいです。

2009年の目標は「年間25勝、古馬OP馬2頭、クラシック出走、2歳OP馬1頭、重賞連対」としましょう。


【2008年12月31日(水)】

12月に杉浦厩舎は2勝挙げました。異なる馬で2勝ですが、それぞれ来年に向け意味のある勝利になったと思います。
【抹消】
12/04 カズノダンシング 中央22戦1勝 中央収得賞金2785万円 平地5戦0勝後入障、障害で初勝利挙げた直後に抹消、怪我か
12/13 オンワードエーデル 中央3戦未勝利 中央収得賞金50万円
12/17 アイアムチハヤブル 未出走 登録されて直ぐに抹消だけに怪我か
12/17 ポイントベクトル 中央2戦未勝利 中央収得賞金110万円 良血馬も2007年夏に2戦したのみ
12/21 レオティアラ 中央22戦3勝 中央収得賞金2610万円 地方1戦0勝 地方収得賞金50万円 3勝とも中山D1800m 父の血を残すため繁殖入りか
【登録】
12/04 アイアムチハヤブル 牡2 キングカメハメハ×スパート2 市川ファーム産 堀紘一


【2008年12月3日(水)】

11月に杉浦厩舎は3勝挙げました。2歳馬が3頭目の勝ち上がりです。ショウワモダンも次走以降楽しみです。
【抹消】
11/12 ユメノツヅキヲ 中央16戦1勝2着1回 中央収得賞金990万円 3歳時はカーネーションC5着といいところあったが
【登録】
11/27 ルラパン 牡2 アグネスタキオン×スリーエフ 石川牧場産 山岸桂市 母父もヌレイエフで良血


【2008年11月3日(祝・月)】

10月に杉浦厩舎はJRAで2勝。今年2頭目の2歳馬が勝ち上がりました。
【抹消】
10/08 ナナツダチ 中央4戦0勝 中央収得賞金75万円 デビュー戦は単勝2番人気だったが
【登録】
10/02 アイアムピカイチ 牡2 キングカメハメハ×シェンク 社台F産 堀紘一
10/23 シャコタンロック 牡2 タヤスツヨシ×トップワールド 貞広賢治産 山岸桂市 市場取引馬


【2008年10月9日(木)】

9月に杉浦厩舎はJRAで2勝を挙げました。先月までの不振よりいいですが、それでもまだまだ。
【抹消】
09/03 マルブツプリンス 中央21戦1勝 中央収得賞金約1298万円 芝スプリント路線が主戦場
09/14 ドレストウショウ 中央8戦0勝3着2回 中央収得賞金260万円 良血で繁殖入りか
09/16 セリーヌローズ 再転入後2戦とも2桁着順で 中央4戦未勝利、地方5戦1勝 中央収得賞金0、地方収得賞金18.8万円
09/18 レアルグローリー 中央15戦1勝 中央収得賞金1109万円 古馬になって不発におわる
09/26 バッカナール 中央2戦未勝利(ともに2桁着順) 中央収得賞金0
【登録】
09/18 ティアップシンゲキ 牡2 ブライアンズタイム×アモリスト ダーレーJF産 田中昇 厩舎初のダーレー産馬 落札価格1,260万円


【2008年9月6日(土)】

杉浦厩舎、これまでJRAで年間8勝止まり。全く不振です。
その杉浦厩舎に3年強在籍し、今夏フリーになった大野拓弥騎手もフリーになってからなかなか勝星を挙げられず苦しんでいます。
フリーになった当初、上原厩舎、荒川厩舎、鈴木勝厩舎の調教を精力的に行い営業活動も頑張っていました。これまで以上に多くの厩舎の馬に騎乗できるようになりましたが勝星に繋がっておりません。
一方、杉浦厩舎が若手・減量騎手を起用する場合は黛騎手を起用することが多くなりました。木幡、勝浦、江田照といったこれまでの騎手に加え、後藤騎手の騎乗が多くなったようです。大野騎手が騎乗していた分が、後藤騎手、黛騎手にまわっている感じです。


【2008年9月5日(金)】

8月の杉浦厩舎はJRA未勝利でしたが、地方・川崎競馬でアイアムドラマが1勝挙げております。寂しい成績が続きます。
未勝利戦も終わりが近くなり、未勝利・未出走馬の登録抹消が目立つようになりました。
【抹消】
08/01 ラポラポラ 回文馬名も未出走
08/06 アイアムジョーカー 中央2戦未勝利、地方1戦未勝利3着1回 中央収得賞金0、地方収得賞金13万円
08/14 セイウンリップル 中央9戦未勝利 中央収得賞金310万円
08/23 ニシノダンカス 厩舎由縁の良血も登録、即抹消で未出走
08/27 ティアップタイガー 中央7戦未勝利 収得賞金0 良血馬だったが
08/27 ターフドラゴン 中央7戦未勝利3着1回、地方1戦未勝利 中央収得賞金130万円、地方収得賞金0
08/30 レオシグナル 中央7戦未勝利、地方2戦未勝利 中央収得賞金110万円、地方収得賞金9万円
【登録】
08/07 ニシノウズマサ 牡2 ゴールドアリュール×ニシノウズシオ 西山牧場産 西山茂行
08/14 ホワイトライクミー 牡2 ホワイトマズル×キャスリーン 下河辺牧場産 山岸桂市 市場取引馬 ホクトベガと同牝系
08/21 ニシノダンカス 去3 ダンスイザダーク×ニシノプロミネンス 西山牧場産 西山茂行 期待馬だが・・・
08/21 サラサラ 牝2 シンボリクリスエス×ハニーバン 大島牧場産 山岸桂市 叔母ファインモーション


【2008年8月10日(日)】

7月の杉浦厩舎は、JRA開催は未勝利でしたが、地方交流競走では浦和競馬場でマルブツシャトルが初勝利を挙げました。
【抹消】
07/03 キングスボネット 中央6戦0勝、地方1戦1勝 収得賞金中央約153万円、地方100万円 初勝利直後の抹消
07/05 レオフロンティア 中央11戦0勝3着5回 中央収得賞金775万円 数少ないアドマイヤベガ産駒だったが
07/11 フレンチクルーラー 中央17戦3勝2着3回 中央収得賞金約4,392万円 脚元弱く古馬になって使い込めなかったのが残念
07/31 サンデーギャロップ 中央4戦0勝、地方1戦0勝 収得賞金はいずれも0 地方での8着が最高 パルブライト産駒だけに繁殖入りしてほしい
【登録】
07/17 セリーヌローズ 地方・名古屋で5戦1勝の成績残し杉浦厩舎へ復帰


【2008年7月21日(月・「海の日」で祝日)】

2005年(平成17年)春の騎手デビュー時から杉浦厩舎に所属した大野拓弥騎手が、7月16日(水)付けでフリーになりました。
これまで1842戦86勝(地方競馬28戦3勝)。
7月に入り自厩舎の馬の調教にも騎乗していなかったという話があったり、自厩舎の有力馬が大野騎手が参戦した北海道シリーズではなく東北シリーズに参戦していたりと、少し前からフリーの決心はされていたのでしょう。御縁のあった騎手ですからこれからも応援していきます!
杉浦調教師は、騎手時代・二本柳俊夫厩舎一筋でした。騎乗馬も自厩舎が多く、他厩舎であっても、いわゆる「二本柳一門」の厩舎(大和田厩舎とか)の馬への騎乗だったように記憶しています。兄弟子に加藤和宏騎手(現調教師)がいましたが、加藤騎手と二本柳俊夫調教師には大きな2つの出来事があります。ひとつは有名な「シリウスシンボリのダービー騎乗」そして「フリーになってから一度も二本柳俊夫厩舎の馬に騎乗することがなかったこと」です。好対照な出来事です。
後年、雑誌で「仲が悪くなってフリーになったわけでなく、フリーになってからも騎乗のチャンスや依頼はあったけどタイミングが悪かっただけ」との話を読んだことがあります。ただ結果的にであっても、フリーになってから調教師になるまので何年もの間、騎乗機会がなかったのは残念でした。
大野騎手には、先々杉浦厩舎の馬で、是非重賞を勝ってもらいたいと願っています!


【2008年7月4日(金)】

6月の杉浦厩舎は、先月からの連勝となったサインオブゴッドと2歳デビュー勝ちのアイアムカミノマゴの2勝、中身が濃い勝利です。
さて、そのアイアムカミノマゴと、その翌日にデビューしたコチャ(5着)の両馬に騎乗した勝浦騎手のコメント。
アイアムカミノマゴ・・・・・芝でも、距離伸びても大丈夫、いろいろな意味で先が楽しみ
コチャ・・・・・スタート互角も二の脚よくなく、もう少し距離がほしい

あと地方交流競走では、月末30日に盛岡競馬場でキングスボネットが初勝利を挙げました。

【抹消】
06/10 ミラクルボネット 中央7戦1勝2着1回 中央収得賞金780万円 大野騎手でデビュー戦1位入線も2位に降着、直に2戦目で勝ちあがるもその後不振
06/24 クリスティラビット 中央1戦0勝、地方1戦0勝ともに2桁着順 トレーニングセール上場前に無理させたという話も
06/27 ポセイドンキング 中央3戦0勝、地方1戦0勝 収得賞金は中央、地方ともに0
【登録】
06/19 アカリ 牝2 ネオユニヴァース×ヤナビ 矢野牧場産 山岸桂市 新種牡馬産駒だけに注目


【2008年6月29日(日)】

杉浦厩舎の今年の2歳馬としてトップをきってデビューしたアイアムカミノマゴが、昨日の福島新馬戦(ダート1000m)を快勝しました。
新聞に掲載された杉浦調教師のコメントは「太め感なく仕上がる、二の脚がいい、血統通りのスピードありそう」と、決して強気のものではありませんでしたが、調教の内容等が評価され高い人気でした。
スタートは互角、いやむしろ悪いくらいでしたが、師のコメント通り「二の脚が早く」すぐに1番人気馬と同じ先団にとりつき、4角では1番人気馬の外に併せて、2頭の一騎討ちムード。しかし直線半ばで抜け出してからは余裕の勝利でした。
レース後に杉浦調教師は、「兄弟同様どうもフワフワするところがある。調教でもそうみえたので、初戦からブリンカーをつけて走らせたがレースぶりは良かった。芝の適性はまだわからないが、距離は1400m〜1600mぐらいまでだろう。」といった趣旨。
母も兄弟もダート短距離向きの傾向があり、半姉アイアムエンジェルも2歳時からダート短距離路線で活躍しました。しかしそれは父方の血統もあってのこと。デビュー戦は叩き台で次走の芝のレースで初勝利を狙うのかと思ったのですが、見事デビュー戦での勝利となりました。父アグネスタキオンですから芝のレースを見たかったのですが、同じ厩舎の全兄アイアムジュピターが期待はずれの結果でしたので、そこから得たことも大きかったのでしょうか。
馬名の由来は「神(=サンデーサイレンス)の孫」ということでしょうか。


【2008年6月22日(日)】

杉浦厩舎所属馬が、今年初となる地方競馬遠征を行いました。理由はわかりませんが地方競馬遠征の回数が減っています。未勝利馬には貴重な機会ですが。
16日(月)川崎09Rムーンストーンスター賞B2B3選定馬JRA選定馬 アイアムドラマ 松岡正騎手 2着(5番人気) 終始好位で進め粘る
16日(月)川崎07Rジューンフラワー賞3歳未格付選定馬JRA選定馬 クリスティラビット 今野忠騎手 11着(7番人気) 中団から最後伸びず
アイアムドラマは先週重賞に出走したショウワモダンと調教で併せ馬をしておりましたが競馬に出走しませんでしたので、どこに出走するか気になっていました。


【2008年6月15日(日)】

今日のエプソムC(GV)に杉浦厩舎のショウワモダンが蛯名正義騎手騎乗で出走しました。
今年OP入りしていからダービー卿CT(G3・6着)、読売マイラーズC(G2・10着)に続く重賞挑戦。杉浦厩舎所属馬としても、今年重賞に出走した馬はスプリングS(G2)に出走したウォーボネット(13着)とショウワモダンの2頭のみ。今年重賞4戦で掲示板なし。今日のショウワモダンも距離不安が感じられたのですが、個人的に少し期待しておりました。
好スタートから、武豊騎手の人気馬の外につけ先行。武豊騎手の馬が先頭で最後の直線、外にあわせてしばらく競り合ったときは”ひょっとして!”と感じましたが、やはり最後の200mでは一杯一杯、後ろから追い込んできた馬とは脚色が違いました。それでも粘って6着。
騎乗した蛯名騎手も「一瞬来るかと思ったが、距離が長いのかな。」とコメントされていたので、やはりマイルまでの馬でしょうか。それでも蛯名騎手が「折り合って上手くレースできた。雨が降ればもう少しやれた。」と評価しているので、収穫は十分あったレースだと思います。

今後も期待の大きいショウワモダンについて少し記録を残しておきます。
昇級戦となったダービー卿CTの直前、杉浦調教師が「ここにきて本当に具合がいいんだよ」とコメントしていたとおり勝馬から0.3秒差の6着と、3歳春の重賞路線で戦った実力の片鱗を示しました。
読売マイラーズCのときは岩田騎手騎乗や馬場が味方することも考慮され、日刊スポーツ・村田庸三さんが本命予想されました。
今回のレース直前の調教では杉浦調教師が騎乗し、同厩舎・アイアムドラマと併せ馬。なかなか好調教のようでした。スポニチ・矢内浩美さんが本命にされていたようです。
今後は、1200-1400、長くてもマイルまでの芝・ダート兼用で使われるでしょう。GVの適条件なら重賞勝ちも期待できると思うのですが。


【2008年6月7日(土)】

杉浦厩舎の5月はステラポラリスとサインオブゴッドの2勝。
【抹消】
05/07 レオシャープ せん馬 中央通算28戦1勝 収得賞金中央1610万円
【登録】
05/01 クリスティラビット 牡3 アグネスデジタル×クリスティキャット ビッグレッドファーム産 山岸桂市 半姉イクスキューズ
05/07 オルーロ 牝2 ダンスインザダーク×アルチプラノ 社台F産 ヒダカブリーダーズユニオン
05/07 シャコタンブルー 牡2 マーベラスサンデー×サヴァント 石川牧場産 山岸桂市 半姉ラポラポラも杉浦厩舎
05/07 ティアップザスター 牡2 コマンダーインチーフ×スタールビー 久保農場産 田中昇
05/07 ハンマープライス 牡2 アグネスタキオン×ネットオークション 社台F産 社台RH 母も杉浦厩舎 血統的な期待馬
05/07 ラッキーフラワー 牝2 マイネルラヴ×ユメノラッキー カタオカファーム産 西村憲人 母も杉浦厩舎
05/07 レオハヤカゼ 牡2 フォーティナイナイー×ディジーハイツ 日の出牧場産 潟激I 半兄は藤澤和雄厩舎のマル外
05/08 アイアムジョーカー 去3 ダンスインザダーク×アフターザサン ノーザンF産 堀紘一 全兄タガノマイバッハ 遅れてきた期待馬か?
05/29 アイアムカミノマゴ 牝2 アグネスタキオン×アイアムザウィナー 社台F産 堀紘一 厩舎ゆかりの血統
05/29 アイアムランボー 牡2 メジロライアン×ドリーミングガール 千代田牧場産 堀紘一 杉浦師が気に入り当歳時1730万円で落札
05/29 ハツノボリ 牝2 エアジハード×チャッターリップス 社台F産 山岸桂市 当歳セリで700万円で落札 ショウワモダンと同じ父・馬主


【2008年5月11日(日)】

杉浦厩舎の4月はマルブツクロスの1勝のみ。よくやく勝てました。
【抹消】
なし
【登録】
04/10 コチャ 牝2 キングカメハメハ×リーガルウェイズ ヒサイファーム産 山岸桂市 市場取引馬 父の産駒として初のJRA登録
04/10 フレアトウショウ 牝2 ティンバーカントリー×ポラリストウショウ トウショウ牧場 トウショウ産業 兄弟も杉浦厩舎

昨春から種付をはじめたテレグノシスですが、その種付相手の資料がネット上でも見られるようになりました。種付頭数は44頭(恐らく受胎している数)だったようです。皆、無事誕生しているよう祈るばかりです。そのなかから注目したい血統馬を紹介します。種付牝馬名と( )内はその父です。
●兄弟に活躍馬がいる
ダービーキングダム(父ロイヤルアカデミーU)・・・半兄ダービーレグノはシンザン記念、新潟記念勝馬
●おじ・おばに活躍馬がいる
オールドスタッフ(父Irish River 母アンティックヴァリュー)・・・母はベガの半姉
マイネレジーナ (父サンデーサイレンス 母フミノスキー)・・・母の兄弟にメガスターダムやガンガディーン
スピードマリア (父サンシャインフォーエヴァー 母スピードアイリス)・・・母の半姉アイリッシュダンス
ツルミローズ  (父ダンスインザダーク 母ツルミダイヤ)・・・母の姉妹にアドマイヤゴールド
ウメノキーパー (父カコイーシーズ 母ウメノローザ)・・・母の姉妹にウメノファイバー
●祖母が活躍馬・注目馬
ジョプリンガール(父Silver Hawk 母エイシンテネシー)
ビービーカルネ (父シンボリスウォード 母スイートミトゥーナ)
フレイムバード (父エルコンドルパサー 母ファイヴァーワン)
トップレーザー (父メンデス 母メイワキミコ)
フューチャブリッジ(父デインヒル 母ハードロッチ)
セイカドミノ  (父パラダイスクリーク 母サンデーズシス)・・・祖母はサンデーサイレンスの全姉妹
●その他
レディスパイ  (父Machiavellian 母ナイトシークレット)・・・母父が外国種牡馬は数少ない一頭
マンハッタンキス(父フォーティナイナー 母ゲイトロイ)・・・母の半兄イケイケユウヤは杉浦厩舎
オートナイス  (父メリーナイス 母ビーカップ)・・・祖母の父コトノアサブキ
ローズフレッシュ(父アグネスタキオン 母サテンローズ)・・・祖母の父ラムタラ
フジノヤジャ  (父ミルコウジ)


【2008年4月15日(火)】

2勝目はおろか、初勝利を挙げられな3歳馬が目立つなか、デビュー戦から好走し、初勝利まで時間はかからないだろうと踏んでいたステラポラリスがなかなか勝てません。
13日の福島でも2番人気におされましたが結果は6着。
調教は走っていたので周囲の期待も大きかったようでした。騎乗した大野騎手も「少々だらしなさすぎ」とのコメント。
所属の3歳馬全部に勝ち上がってほしいのは当然ですが、やはり現実的にはなかなか難しいものです。それだけにチャンスは確実にものにしてほしいです。


【2008年4月5日(土)】

杉浦厩舎の3月は3歳未勝利戦でのファイナルスコアーの1勝のみ。 しかしこの馬の勝ちっぷりは、週刊競馬雑誌等見ても「上のクラスでも即通用」との評価がされており、勝ちタイムも上々なので先々楽しみです。
レース後に杉浦調教師は「深管が出たりしてデビューは遅れたが期待していました。しかし、ここまでとは思わなかった。距離は1400mぐらいまでか?スピードは申し分ないが、父の血統からこの先のレース選択に迷います」といった趣旨のコメント。
騎乗した大野騎手は「稽古のときから凄さは感じていた。馬っ気が強い馬なので、今回は隣の枠に牝馬が入り心配だったが大丈夫だったし、内枠の馬が暴れても大丈夫だった。気持ちの強い馬で、レース中悪さもしないし、抜け出してからも大丈夫だった。最後はもったままでしたが、追えばまだまだ時計は詰められた」といった趣旨のコメント。

また、今年になって杉浦厩舎所属馬に、連闘や間隔を詰めて使う馬が多くなったように感じています。除外対策の結果でしょうか。

【抹消】
なし
【登録】
03/06 ラポラポラ 牝3 アドマイヤベガ×サヴァント 石川牧場産 会田満雄 母父キングマンボの良血


【2008年3月3日(月)】

杉浦厩舎の2月はジョイフルハーバーとショウワモダンの2勝。これで3歳馬は2頭目の勝馬(通算2勝)です、頑張れ3歳馬!そしてショウワモダンの勝利でこの馬は待望の古馬OP入りです。これから重賞戦線で活躍してほしいです。
【抹消】 なし
【登録】 なし

2月28日(木)JRAのサイトで3月1日付けの定期貸付馬房数について発表されました。杉浦厩舎はこれまでと変わらず20馬房です。


【2008年2月27日(水)】

24日(日)、積雪のため芝からダートに変更となった京都11R斑鳩ステークス(4歳上1600万下ハンデ・ダート1400m)。
ショウワモダンが、好位追走から直線入口で先頭に立ち、見事1番人気に応えて勝利しました。通算15戦4勝。一昨年引退したテレグノシス以来、杉浦厩舎から待望のオープン馬誕生です。
騎乗したルメール騎手は「外枠なのでスタートに気を付けていたところ上手くスタートが切れた。うまく指示通りに好位からレースが出来ました。エンジンが掛かってからの動きが素晴らしい。思い通りのレースができた。ダート替わりはラッキーだった。」といった趣旨のコメント。

JRAサイトでレース映像をみると、絶好のスタートを切れたので、5番手くらいから内をみながらレースを進められたようです。いつの間にか馬なりで3番手あたりまで進出し、直線入口で先頭に並びかけたときは「勝てる!」雰囲気がでており、結果的には危なげなく勝ったという印象です。しかし、あと1ハロン長かったら危なかったかもしれません。デビュー当初のダート戦は2着続きでなかなか勝てませんでしたが、今回準OPのダート戦で初勝利という結果からすると芝・ダート兼用の短距離ホースかもしれません。


【2008年2月15日(金)】

11日(月)東京6R新馬戦(芝2000m)で逃げた4番人気ステラポラリスが3着に入りました。芝中距離新馬戦で好走なんてしばらくぶりですね。
蛯名騎手「トビが大きい馬。流れが遅い新馬戦なので前で競馬をした。あれ以上離しては逃げられませんでした。1頭になると何をするかわかりませんから。」
個人的にはマイブームに近いヘクタープロテクター産駒だけに今後注目です。


【2008年2月9日(土)】

本日の東京2R・ジョイフルハーバーで杉浦厩舎、今年初勝利です。
前回は厩舎所属の大野騎手騎乗で1番人気でしたが逃げ馬を捕えられず2着。
今回は勝浦騎手に乗り替わり。勝味の遅さと東京コース替わりを嫌われたのか4番人気となりましたが、先を行く1番人気馬を捕え競り勝ちました。
騎手の差なのか?そうだとしたら、この馬デビュー戦からずっと武豊騎手だったら既にOP入りしていたでしょうか?競馬って難しい。
杉浦調教師からは「1200だと忙しし、1400だと掛って前に行ってしまい最後止まってしまう。1300の距離が良かった。まだ芯が入ってないし、ソエも完治していないので、これからの馬」といった趣旨のコメントがでているようです。あと1つは勝てるか!


【2008年2月5日(月)】

杉浦厩舎の1月は未勝利におわりました。嫌なスタートになってしまいました。
【抹消】
01/23 ニシノツキカゲ 中央通算31戦2勝 地方通算1戦0勝 収得賞金中央約4539万円、地方0 デビュー勝ちした馬でしたが
01/24 オンワードヒリュウ 中央通算34戦1勝(うち障害1勝) 地方通算9戦3勝 収得賞金中央2918万円、地方約1335万円 もう1度東京の障害戦を
01/29 アイアムマイネル 中央通算23戦2勝 地方通算3戦0勝 収得賞金中央2014万円、地方32万円
01/30 アイアムジュピター 中央通算10戦1勝 中央収得賞金980万円 期待外れ!
(1/16 アイアムアドーター 奥平雅士厩舎に移籍していましたが登録抹消)
【登録】
01/10 ティアップタイガー 牡3 アグネスタキオン×エルメスティアラ シンコーファーム産 田中昇 厩舎には珍しい良血


【2008年1月1日(火・祝日)】

私がたてた杉浦厩舎2008年の目標は「年間25勝、古馬OP馬の誕生、2歳OP馬の誕生、重賞連対」の4つです。


【このページの先頭へ】 がんばれ!!競馬(フレームが表示されていない場合はここをクリックしてください!)
inserted by FC2 system