2009年(平成21年)の杉浦厩舎



2009年の勝利数(JRA限定)は14勝(内重賞0勝)です。 詳細はこちら



2009年を振り返って!

2009年の目標は「年間25勝、古馬OP馬2頭、クラシック出走、2歳OP馬1頭、重賞連対」の5つでした。
結果は、「年間14勝、古馬OP馬1頭、クラシック未出走、2歳OP馬なし、重賞連対なし」と、40点くらいの出来でしょうか。古馬はOP2勝のショウワモダンが一頭気を吐いてくれました。ファイナルスコアーが順調に使えず、準OPを勝ちきれないのがもどかしい。あと、堀氏の馬の移籍騒動も大きかったか。アイアムカミノマゴは移籍先で牝馬クラシックの2戦に出走、いずれも1ケタ着順、年末には芝のOP戦を勝っています。

そんななかでも光明があります。2歳馬が例年以上に好調に思えます。セイウンジャガーズ、ニシノマドカ、イチブンの3頭が勝ち上がっています。どの馬も2勝目を挙げていないのが不満ですが、血統、レースぶりから2勝目もそんなに先ではないように感じています。そのほかにも、もうすぐ勝ち上がりそうな馬も何頭かおり、なんとかクラシック出走を果たしてほしいものです。

厩舎に新たな問題が生じているようです。厩舎の管理馬の頭数が減少しています。以前は40頭以上の馬が在籍しておりましたが、最近は30頭半ば、月によっては30頭程の月もあります。景気悪化は馬主さんにも影響しておりますし、堀氏の移籍騒動の影響もあると思いますが、頭数がそろわないのは不安です。また、馬主さんが、ショウワモダンの山岸桂市氏をはじめ一部の方に偏りがみられるようになりました。こちらも不安です。

2010年の目標、いや毎年考えるのが面倒になったので、これからしばらくは「年間20勝、古馬OP馬2頭、クラシック出走、2歳OP馬2頭」としましょう。 これが達成できるようだったら素晴らしい年になるはずです。    【2010年1月10日記載】


【2010年1月10日(日)】

12月はショウワモダンが今年2つ目のOP勝ち。この1勝のみ。
【抹消】
12/03 ニシノキンレンポ 中央35戦1勝、地方2戦0勝 収得賞金中央1598万円、地方50万円 下級条件でタフに頑張りました
【登録】
12/03 チャーリーポイント 牡2 ダンスインザダーク×スーパーリヴリア 西川富岡牧場産 木浪巌
12/17 オンワードオルデン 牡2 ロージズインメイ×オンワードノーブル オンワード牧場産 オンワード牧場


【2009年12月5日(土)】

11月は2歳未勝利戦の1勝。今年は珍しく2歳馬が好調です、早く2勝目を挙げる2歳馬がでてほしい!
【抹消】
11/13 ジョイフルハーバー 中央19戦1勝(2着4回、3着3回) 収得賞金2518.1万円
【登録】
11/05 カトルズラパン 牡2 クロフネ×アグネスショコラ 社台ファーム産 山岸桂市 半兄フレンチクルーラー(杉浦厩舎)
11/19 ローゼウィーク 牝2 バゴ×プリンセスローゼ 松田憲一産 大澤毅 バゴ産駒が杉浦厩舎に!
11/26 カトルズフライト 牡2 シンボリクリスエス×ノースフライト 大北牧場産 山岸桂市 杉浦厩舎には珍しく、名競走馬だった母の産駒


【2009年11月17日(火)】

杉浦厩舎の10月は未勝利。
【抹消】
10/21 ティアップタイガー 中央復帰4戦し結果残せず 中央11戦未勝利(最高6着)中央収得賞金0万円 地方6戦1勝地方収得賞金24.5万円
【登録】
10/01 テックスメックス 牝2 El Prado×エヴァンタイユ 社台ファーム産 山岸桂市
10/01 レオアビリティ 牡2 ジャングルポケット×タガノブルードレス 市川ファーム産 田中博之
10/15 シルクウィーク 牡2 スペシャルウィーク×イッツクリス ヤナガワ牧場産 シルク


【2009年10月17日(土)】

杉浦厩舎の9月はアカリの1勝のみ。
【抹消】
09/05 コルムケーティー 中央2戦0勝、地方1戦2着、収得賞金10万円で抹消 佐賀・九日俊光厩舎へ移籍(馬主・平田一雄)
09/09 ルラパン 中央5戦0勝、地方1戦10着、収得賞金0万円で抹消 岩手・佐々木由則厩舎へ移籍(馬主・吉岡秀宜)
09/16 シャコタンロック 中央2戦0勝、地方1戦9着、収得賞金0万円で抹消
09/23 サインオブゴッド 中央43戦4勝 収得賞金6673.1万円 パルブライト産駒 準OPでは掲示板が精一杯
09/23 ニシノプルメリア 中央5戦0勝 収得賞金0万円 良血も最高着順10着では
【登録】
09/10 カトルズブンタ 牡2 ロージズインメイ×オクトニア 坂東牧場産 山岸桂市


【2009年9月16日(水)】

杉浦厩舎の8月は、セイウンジャガーズ、ニシノマドカの西山牧場勢とラッキーフラワーの3頭で3勝。西山牧場の2歳馬2頭は期待が膨らみます。
昨年末の騒動で杉浦厩舎から堀紘一さんの馬が一斉に退厩しましたが、今年の堀氏の2歳馬も他厩舎へ入厩しております。もう杉浦厩舎にはこないのか?
【抹消】
08/26 ハツノボリ 中央10戦未勝利、2着2回 収得賞金785万円 デビュー当初の堅実な成績から未勝利で終わるとは想像つかず
08/29 レオテンリュウ 中央13戦1勝 収得賞金1050万円 好きな牝系と貴重なアドマイヤベガの配合で期待馬だったが
【登録】
08/06 ニシノマドカ 牝2 ジャングルポケット×ニシノプロミネンス 西山牧場産 西山茂行 母も杉浦厩舎の活躍馬
08/27 マルブツダンスイン 牡2 ダンスインザダーク×ロヤルクロス 川島牧場産 大澤毅  半兄は当厩舎の準OP馬マルブツクロス


【2009年8月21日(金)】

今月6日(木)にJRAに登録されたばかりのニシノマドカが、16日のデビュー戦を快勝しました。
杉浦調教師もニシノマドカについては自信があったのか、日刊スポーツ紙上の西山牧場・西山社長のコラムによると次のようなやりとりがあったようです。
杉浦師「社長、札幌には来ないんですか。」
西山氏「お盆でお墓参りもあるし、テレビ観戦です。」
杉浦師「それでは、ちゃんと写真とっておきます。」
今年の西山牧場の2歳勢は好調で既に3頭が勝ち上がっているようです。そのうちの1頭に杉浦厩舎のセイウンジャガーズもおります。杉浦厩舎の西山牧場の2歳馬2頭、今後期待できそうな予感がしています。


【2009年8月8日(土)】

杉浦厩舎の7月はコチャとニシノウズマサで2勝。ともに3歳未勝利戦でのもの。
【抹消】
08/05 ゴールドマイン 中央24戦4勝 収得賞金3665万円 1600万クラスまで出世 抹消前には障害練習もしていたが入障はせず
08/05 シルクアドニス 中央9戦未勝利、地方10戦5勝 中央収得賞金75万円、地方収得賞金188万円 大和田厩舎から転厩後は地方で3戦(0勝)したのみ
【登録】
07/02 バトルオブブリテン 牡2 ゼンノロブロイ×フロントアクセス 中本隆志産 会田満雄


【2009年7月18日(土)】

杉浦厩舎の6月は未勝利。
【抹消】
06/10 サラサラ 中央5戦未勝利 2ケタ着順のみ 収得賞金0万円 金沢へ移籍
06/18 シャコタンブルー 中央4戦未勝利 2ケタ着順のみ 収得賞金0万円
【登録】
06/04 セイウンジャガーズ 牡2 父Footstepsinthesand 母Lady Miletrian 愛国産 西山茂行 久し振りの外国産馬か
06/11 グラスタイム 牡2 デュランダル×グラスシオン タツヤファーム産 半沢(有) 引退された大和田調教師との御縁からの入厩か
06/18 マシラ 牝2 フジキセキ×フィバリッシュ 白老ファーム産 山岸桂市 馬主さんのためにも杉浦師の奮起を期待


【2009年6月7日(日)】

杉浦厩舎の5月は、1勝だけでした。
【抹消】
05/06 ベルベットボクサー 中央16戦1勝、地方3戦2勝 中央収得賞金1904万円、地方収得賞金620万円 9か月出走なく
【登録】
05/06 マミモナ 牝2 ダンスインザダーク×マイミッシェル 日の出牧場産 井上一郎
05/07 オンワードシェルタ 牡3 アグネスデジタル×オンワードノーブル オンワード牧場産 (株)オンワード牧場
05/21 コルムケーティー 牝3 ワイルドラッシュ×ミズカガミ ノーザンファーム産 (有)サンデーレーシング
05/28 イチブン     牡2 フジキセキ×チッキーズディスコ 水上習孝産 山岸桂市
05/28 グラスグローリー 牡2 サクラバクシンオー×グラスレビン ヤナガワ牧場産 半沢(有) シルクの2歳馬同様大和田元調教師の御縁からか?

杉浦厩舎の管理馬の頭数が減少しています。
杉浦厩舎の馬房数は、ずっと20馬房できています。当然、放牧中の馬もいますので管理馬数はそれ以上のこともあるのですが、昨今厩舎運営の問題から廃業する調教師もでており、馬房数の数だけ競走馬を集められない厩舎もあります。
そんななか杉浦厩舎の管理馬数は、私が記録をはじめた昨年1月には42頭おり、昨年中は40頭台(最多は6月の51頭)で推移していました。
ところが、昨年暮れの堀氏の騒動で、堀氏の馬が全馬移籍して管理馬が減少しました。とはいっても、堀氏の馬だけですから何十頭もいるわけではありません。
しかしながら、今年に入って管理馬数は30頭台前半で推移しております。今後2歳馬の入厩も増え回復するのかもしれませんが、それでも前年比で心配です。
堀氏の騒動が、他の馬主さんにも影響しているのでしょうか?

あと、厩舎出身の唯一の現役種牡馬で、かつ厩舎唯一のGTホース・テレグノシス。
種牡馬入りにあたってシンジケート(総額は不明)が組まれておりました。気が付きませんでした。来年初年度産駒がデビューです。


【2009年5月16日(土)】

杉浦厩舎の4月は1勝止まりでした。
【抹消】
04/08 オウシュウヘイロー 中央21戦2勝3着1回 中央収得賞金1631万円 もう1勝ほしかった
04/15 フレアトウショウ 中央3戦未勝利 中央収得賞金0万円
04/30 ステラポラリス 中央12戦1勝3着1回 中央収得賞金730万円 不完全燃焼か?
【登録】
04/09 ティアップタイガー 再転入
04/09 ナナツダチ 再転入
04/16 ジョイフルポート 牝3 ボストンハーバー×ジョイアサーティン 出口牧場産 小林英一 母、兄弟ともに杉浦厩舎


【2009年4月17日(金)】

杉浦厩舎の3月は3勝(全て14日)でした。少しづつ調子が上向きかげんです。
【抹消】
03/19 マルブツシャトル 中央4戦未勝利、地方1戦1勝 中央収得賞金0万円、地方収得賞金200万円 案外な結果・・・
【登録】
03/05 ニシノプルメリア 牝3 シングスピール×ニシノムーンライト 西山牧場産 西山茂行 母は杉浦厩舎の最多勝馬のマル外 良血!

杉浦厩舎の主力馬主(昨冬まで)・堀紘一氏がサンケイスポーツ紙上で毎週木曜日掲載していたコラムが3月26日を最後に終了しました。9年近く続いたそうですが。最終回には「調教師、騎手、牧場関係者からたくさんのお叱りがありました」といった文章があったらしいです。杉浦調教師からも「あのコラム迷惑なんですよ」と言われていたという話も目にしました。
私のような部外者にはわからない話(わかる必要のない話か)がたくさんあります。


【2009年3月14日(土)】

杉浦厩舎の2月は1勝(今年初勝利)のみでした。
【抹消】
02/07 ボストンアサーテン 中央5戦1勝 中央収得賞金570万円 1年7カ月の長休み明け1戦(13着)して抹消
02/11 レオハヤカゼ 中央1戦0勝 中央収得賞金0万円 08/12/6中山での9着のみ
02/26 ニシノオトコギ 中央10戦0勝 地方4戦2勝 中央収得賞金0万円 地方収得賞金34.3万円 地方から復帰した良血も勝てず
【登録】 なし


【2009年3月3日(火)】

先月末で解散した美浦・大和田稔厩舎からシルクアドニス(牡5 父ラムタラ 母父ブライアンズタイム)が移籍してきました。クラブ法人・シルクの所属馬が杉浦厩舎に入厩するのははじめてです。この御縁大切にしたいですね。
大和田厩舎にはシルクの馬が多数在籍しており、シルクとの縁が強かったですから、大和田調教師からの紹介があったのでしょうか。
シルクアドニスは、これまで中央9戦0勝、地方7戦5勝。いったん大和田厩舎から中央デビューするも6戦0勝で、兵庫へ移籍、そこで6戦5勝を挙げ、昨年秋中央復帰を果たしていました。中央復帰後は4戦未勝利(内1戦は船橋での交流戦)です。
地方で連勝した力を発揮し、条件させ揃えば、中央でも1勝は可能と思うのですが。

しかしこの馬、これまで騎乗したJRAの騎手をみると、加藤士、大野拓、二本柳壮などの名前があり、見事なまでに名門・二本柳俊夫厩舎の流れを汲む騎手ばかりです。加藤士騎手の父・加藤和宏調教師は二本柳俊夫厩舎でしたし、大野拓騎手がデビュー時から所属していた杉浦宏昭調教師は加藤和宏調教師の弟弟子。二本柳壮騎手は文字通り親族ですし。
もったいぶって書きましたが、実は大和田稔調教師も騎手時代は二本柳俊夫厩舎所属の騎手。杉浦調教師の兄弟子(大先輩)です。
そんなこともあった、大和田調教師が杉浦調教師を紹介されたのではないでしょうか。

そう思って「シルク」の情報を集めていると、杉浦厩舎からデビューを迎える予定の2歳馬一頭いることが判明しました。
2007/5/4生まれの牡 父スペシャルウィーク 母イッツクリス 母父クリスエス ヤナガワ牧場産 募集価格2300万円


【2009年2月8日(日)】

先月28日、今年最初のGT・川崎記念に元杉浦厩舎所属のクラシックムードが出走(8着)しました。
2007年秋に調べてからなかなかできなかったのですが、これを機に杉浦厩舎所属馬のJRA登録抹消後について調べてみました。

まず前回2007年秋に調べたとき地方競馬で現役だった馬のその後(成績は今年1月末現在)。
クラシックムード 川崎・田島寿一厩舎 現馬主・高橋二次矢 通算31戦7勝(内JRA6戦0勝)
オエドニホンバシ 中央抹消後、園田、佐賀と移籍、現在は愛知・安達良美厩舎 現馬主・(有)ホースケア 通算76戦4勝(内JRA6戦0勝)
オンワードリリカ 岩手・小林義明厩舎 現馬主・藤内正壽 通算47戦8勝(内JRA6戦0勝)
ローランスパイス 大井・蛯名末五郎厩舎 現馬主・齊藤敏博 通算51戦3勝(内JRA29戦3勝) 2008/3/31の大井7着を最後に出走なし
ニシノスカイハイ 佐賀に移籍後2007年に4勝、その後は佐賀で未勝利のまま2008/11/6NAR登録抹消 最後の馬主・内田渉 通算49戦4勝(内JRA5戦0勝)
レオマインド 2008/6/26NAR登録抹消 最後の馬主・田中博之 通算10戦1勝(内JRA3戦0勝)
ロザン 2008/10/1NAR登録抹消 最後の馬主・吉田光徳 通算12戦0勝(内JRA7戦0勝)

2007年以降JRA登録抹消した馬
グルメスペシャル 中央抹消後、07/6/27の6着(大井・柏木一夫厩舎)のみ 2007/12/14NAR登録抹消 最後の馬主・堀内美恵 通算15戦1勝(内JRA14戦1勝)
コイサン 中央抹消後、兵庫・森澤友貴厩舎移籍 08/2/5移籍初戦勝利 2008/7/31NAR登録抹消 最後の馬主・伊良原勉 通算11戦5勝(内JRA3戦0勝)
セリーヌローズ 中央抹消後、北海道・若松平厩舎へ移籍 2008/12/16NAR登録抹消 最後の馬主・田中昇 通算13戦1勝(内JRA4戦0勝)
ニシノオトコギ 中央抹消後、東海・法理勝弘厩舎へ移籍 2007/12/13NAR登録抹消 最後の馬主・叶シ山牧場 通算7戦2勝(内JRA4戦0勝)
ニシノグレイシャ 中央抹消後、岩手・三野宮通厩舎へ移籍 初戦を勝つ 2008/9/27の6着以降出走なし 現馬主・高橋吉雄 通算64戦6勝(内JRA46戦2勝)
ハイデルベルグ 中央抹消後、園田、金沢、再び園田へ 兵庫・橋本和男厩舎 現馬主・多々見憲之介 通算22戦4勝(内JRA4戦0勝)
ハーツイーズ 中央抹消後、金沢・金田一昌へ移籍 2008/3/22NAR登録抹消 最後の馬主・草野光夫 通算13戦0勝(内JRA6戦0勝)
フェアリースポット 中央末梢後、佐賀・九日俊光厩舎へ移籍 2008/3/6NAR登録抹消 最後の馬主・平川芳則 通算16戦0勝(内JRA10戦0勝)

アイアムザチャンプは能力喪失、ディオンローズは予後不良
アイアムシーザーは2007/8/21NAR登録抹消、カズノブラック2006/8/29NAR登録抹消も、両頭とも中央登録抹消後に地方競馬への出走記録なし
そのほかデータがなく不明だが、繁殖入りや乗馬になっているであろう馬
アイアムザスター、アイアムザヒロイン、アイアムトゥルー、アイアムポセイドン、アサクサコンソメ、ナンヨーワルツ、フレンチムード、ボネルージュ、モトメチャン、ルージュトウショウ、レオアンナ


【2009年2月7日(土)】

杉浦厩舎の2009年スタート、1月は未勝利におわりました。
【抹消】
01/21 ヤクモオーカン 中央23戦3勝(内障害5戦0勝) 中央収得賞金2560万円 最後の5戦は障害未勝利戦
【登録】
01/08 ルナロッソ 牝3 キングヘイロー×チヨノビンコ 西川富岡牧場産 木浪巌 母はパルブライト産駒と縁ある血統

ちなみに杉浦厩舎から奥平厩舎へ移籍していたアイアムエンジェル(牝6)も1/21JRA登録を抹消されております。


【2009年1月13日(火)】

杉浦厩舎の主力馬主で、冠号「アイアム」で知られる堀紘一氏が「杉浦厩舎に在籍する所有馬を全て移籍させた」という情報を、本日頂戴しました。
まず、この眼で事実確認ということで、JRAホームページのデータファイルで確認すると、杉浦調教師の管理馬一覧(2009/1/12現在)から「アイアム」の付く馬がいなくなっておりました。移籍先は、
アイアムカミノマゴ・・・栗東・長浜博之厩舎   アイアムピカイチ・・・栗東・荒川義之
アイアムランボー・・・美浦・鹿戸雄一   アイアムドラマ・・・美浦・鹿戸雄一

どうも、どの馬も年末(から年始?)の慌ただしい時期に移籍したようです。馬主が「移籍させる!」と宣言して、翌日に移籍できる訳はないでしょうから、移籍が決まったのは少なくても12月中旬以前ではないでしょうか。最近、サンケイスポーツを読んでいないので、堀氏の連載コラムにどのように書かれているのか(又は書かれていないのか)わからず、正確なとことが把握できません。喧嘩別れではないことを祈りたいです。
連載コラムやその他の場面で、あれほど杉浦調教師との親しい・信頼の間柄を書かれていたりしましたので本当の理由は何なんでしょう。所有馬の不振?以前、騎手の起用方法について意見をされていましたが、最近は所有馬にペリエ、藤田、横山典、後藤、松岡騎手などが騎乗しており、少なくとも問題は解消に向かっていたと思っていましたが。

ここで「ふと」思い出したことがありました。杉浦厩舎とは直接関係はない出来事だったのですが、主力馬主の堀氏のことなので、いずれこのサイトでも書かなければとは思っていたのですが。ひょっとしたらこの件が、直接杉浦厩舎に関係してきたのか・・・?
昨年暮れ、美浦・河野通文厩舎公式ブログで、堀氏の連載コラムを巡り河野調教師とのやりとりが書かれていました。詳細はこちらの2008/12/23及び26の河野調教師の書き込みをご覧ください。
23日に河野氏が「堀氏のコラムに書かれている内容は、決して活性化に繋がるものでなく、非建設的な内容としか受け取れません。また、それによって堀氏がお気に入りの厩舎の長に矛先がむけられ、とても可哀相に感じております。」と書かれているに注目です。ここで書かれている「堀氏がお気に入りの厩舎の長」って杉浦調教師ではないでしょうか。
そこでこれから先は私の憶測です。”堀氏のコラムが問題になり、JRA内部・美浦トレセン内で杉浦調教師の立場に影響が及ぶこととなった。そこで、仲の良い杉浦調教師に「悪影響が生じないよう」、堀氏が自ら所有馬を移籍させた。”

実は、このサイト開設直前の2004年2月、当時杉浦厩舎に在籍した「フサイチ」(関口房朗氏所有馬)の馬が一斉に移籍した事件がありました。私は未だに理由を知っておりません。

【2009/3/8 追記】
ホームページ上では、「杉浦厩舎に預けていた馬(恐らくフサイチジハードのこと)が、障害戦で人気になったものの惨敗したことが、全馬転厩のきっかけになった」と記載されているサイトがあります。


【2009年1月1日(木・祝日)】

私がたてた杉浦厩舎2009年の目標は「年間25勝、古馬OP馬2頭、クラシック出走、2歳OP馬1頭、重賞連対」の5つです。


【このページの先頭へ】 がんばれ!!競馬(フレームが表示されていない場合はここをクリックしてください!)
inserted by FC2 system