平成28年(2016年)の杉浦厩舎



平成28年の勝利数(JRA限定)は13勝(内重賞0勝)です。詳細はこちら


【平成29年1月6日(金)】

昨年の杉浦厩舎において急成長した馬はなんといってもナックビーナス。現在杉浦厩舎のOP馬はサムソンズプライドとナックビーナスの2頭のみ。
ナックビーナスの前走は、先月10日中山第11RのラピスラズリS(3歳以上OP芝1200m)。
1番人気メラグラーナが1:08:4(良)で勝ち、1馬身1/4差の2着に2番人気ナックビーナス(横山典弘騎手)が入りました。
レース後に横山騎手は「レース運びは完璧だったが、今日は相手が強かった」とコメント。
通算4勝(全13戦)が1200〜1400m戦。この距離では芝ダート問わず安定した成績が残せそうです。
主戦は横山典弘騎手(2勝)、西下した際は酒井学騎手(1勝)、2戦のみ勝浦正樹騎手(1勝)が騎乗しています。
今年はなんとか重賞勝ちを果たしてほしいです。
ちなみに、この馬は一昨年の千葉サラブレッドセールにおいて2,160万円で落札されております。千葉県産ではないですが、千葉に縁ある馬ですから活躍を期待しています。

杉浦厩舎で唯一地方競馬の重賞を勝っているフクノドリーム(牝)が、先月7日JRAの競走馬登録を抹消しました。加藤ステーブル(日高町)で繁殖馬となる予定です。
産駒が杉浦厩舎に入厩し、母同様重賞を勝つような活躍を期待します。


【平成29年1月3日(火)】

昨年末までの登録馬・抹消馬です。
登録09/22 テイクディエース 牝 14年生 ケイムホーム×ローズギャラリー 賀張中川牧場産 堀口晴男 祖母バースデイローズ
登録09/29 レオフェアリー 牝 14年生 ロージズインメイ×ノエラロワイヤル 川端正博産 (株)レオ
登録10/06 オンワードラスター 牝 14年生 ゴールドアリュール×オンワードイイデス 高橋忍産 樫山章子 久しぶりに「オンワード」の馬が入厩
登録10/06 ニシノアラモード 牝 14年生 リーチザクラウン×ニシノマザーアース 谷川牧場産 西山茂行 急遽父の為に馬主所有牝馬から青木義明氏が配合
登録10/27 ハシルヨマッテテ 牝 14年生 タイキシャトル×ソアーヴェ 日進牧場産 田中幹雄
登録11/10 アトラクティヴアイ 牡 14年生 ファルブラヴ×テイクワンズアイ ノーザンファーム産 キャロットファーム
登録11/17 サコウイッパク 牡 14年生 ゴールドアリュール×ベイビーローズ 木村秀則産 村島昭男
登録11/17 ファイアーブライト 牝 14年生 ケイムホーム×アカリ 川島牧場産 山岸桂市 母は杉浦厩舎の活躍馬
登録11/24 サンオースティン 牝 14年生 スクリーンヒーロー×ファーストタッチ 碧雲牧場産 加藤ステーブル
登録11/24 スタコラサッサ 牝 14年生 ヴィクトワールピサ×ラスリングカプス 社台ファーム産 吉田千津 半姉アストンマーチャン
登録11/24 リフレクシブラヴ 牝 13年生 プリサイスエンド×エンピリカル 高岸順一産 堀口晴男 道営競馬から移籍
登録12/22 オレノカッチー 牡 13年生 プリサイスエンド×ルスナイクリスティ 高昭牧場産 長谷川清英 道営競馬から移籍

抹消09/18 ニシノタカラモノ 中央5戦未勝利(最高10着) 総賞金0万円 9/18競走中に両前浅屈腱断裂を発症し予後不良 障害試験合格し、障害入り予定だった
抹消10/02 カーリージャール 中央4戦未勝利(最高6着) 総賞金0万円
抹消10/18 センコウノマイヒメ 中央17戦1勝 総賞金675万円
抹消10/27 レオフラッパー 中央23戦3勝 総賞金2,510万円
抹消11/16 セイウンジャイロ 中央復帰(杉浦厩舎)後は1戦15着のみ
抹消12/07 デュアルフレイム 中央23戦1勝 総賞金1,483万円
抹消12/07 フクノドリーム 中央23戦2勝 総賞金5,822万円 地方1戦1勝 総賞金2,000万円 セリ落札価格525万円 (13年JRAブリーズアップ)

楽天サラブレッドオークション上場馬
開催08/25 ショショット 牝 落札価格556千円(入札数14)
開催12/08 デュアルフレイム 牡 落札価格1,530千円(入札数94)


【平成28年9月19日(祝・月)】

杉浦厩舎の今年の2歳馬初勝利は、
7/2(土)函館第1R フクノクオリア デビュー2戦目を横山和生騎手で差し切り勝ち
レース後の騎手コメント「2戦目だったが、追っつけて行く形になった。これなら距離が延びても対応できそう。最後もいい脚を使ったし、いい勝ち方」


前回の記載以降、これまでの登録馬と抹消馬です。
登録06/23 セイウンジャイロ 牡 11年生 キングカメハメハ×ニシノマナムスメ 川上牧場産 西山茂行 祖母ニシノフラワー 河内厩舎デビューし1戦(15着)後 
       道営へ移籍3勝挙げて杉浦厩舎で中央復帰
登録06/30 セイウンイチリン 牝 14年生 リーチザクラウン×ニシノエルハーブ 三石軽種馬共同育成C産 西山茂行 西山牧場ゆかりの牝系
登録08/04 バードウィーク 牝 14年生 シンボリクリスエス×ハタノディアナ 静内山田牧場産 (株)バード商事 新規の預託馬主様?
登録08/18 ラファーガラーゼン 牡 14年生 グラスワンダー×モリトオウカ 見上牧場産 ホースアディクト スターロッチ系
抹消06/28 ヌーヴェルモード 中央4戦未勝利(内地方交流1戦)(最高9着) 総賞金0万円 期待の血統馬だったが
抹消08/10 リーネアロッサ 中央5戦未勝利(最高9着) 総賞金0万円
抹消08/16 ショショット 中央6戦未勝利(最高7着) 総賞金0万円
抹消08/16 フラヴィニー 中央7戦未勝利(最高7着) 総賞金0万円
抹消08/24 カケダシ 中央29戦1勝(内障害2戦未勝利) 総賞金1,307万円 平地でもう1勝したかった
抹消08/26 イネディット 中央6戦未勝利(デビュー戦5着が最高) 総賞金70万円


【平成28年6月28日(火)】

久しぶりの更新になりました。昔のことのようですが、杉浦厩舎でOP馬2頭が誕生していますので確認を。


4月17(日)日福島第10R雪うさぎ賞(芝1200)をナックビーナスが1分10秒1(稍重)のタイムで1番人気に応えて勝ちました。好位外目を追走し、直線は馬場の真ん中を通って先行馬を交わし抜け出しゴールへ。鞍上は杉浦厩舎では久しぶり?の勝利か勝浦騎手。勝浦騎手にとって、この勝利がJRA通算800勝。
勝浦騎手「スムースに運んで力を出せた。強かった。もっと上を目指していけると思う。」
次の1行はH28/9/8追記
この勝利が勝浦騎手にとってJRA通算800勝(JRA史上45人目、現役では20人目)!

ナックビーナスは次走も勝利。
5月15日(日)京都第10R葵ステークス(芝1200m)は酒井学騎手に乗り替り、4番人気だったものの1分07秒9(良)で勝利。好位でレース進め、直線伸びて、ゴール前逃げ粘る馬を捉えて勝利。
酒井騎手「逃げた馬を目標にいいポジションを取れて、早めに動いて最後までしっかり走ってくれた。前走の勝ちっぷりが良く、この距離もいいと思っていた。この馬の力を示すことができてよかった。」


5月7日(土)東京第10R緑風S(芝2400mハンデ戦)を、3番人気で挑んだサムソンズプライド。2〜3番手進み、直線抜け出し2分26秒3(良)の勝利。この馬通算5勝のうち4勝と好相性の田辺裕信騎手が鞍上。
田辺騎手「(逃げていい馬だが)もともと2番手でもいいと思っていた。他の馬が先に動いても気にしなかった。気性が落ち着いていて、馬自身が変わってきている。」まだまだ成長を期待できそうなコメントです。


OP入りではないですが、鮮烈な勝ち方をした馬は。
6月25日(土)函館第12R長万部特別(芝1200m)、丹内祐次騎手騎乗で10番人気だったイキオイ。レースは馬群から少し離れた最後方をポツんと進み、3〜4角を大外進出、直線で大外から差し切りました。勝ちタイム1分09秒7(稍重)。
丹内騎手「結果的に馬場もこの馬には合っていたし、ペースも向いた。最後はすごい脚を使ってくれた。」2着馬の騎手からも「今日は切れ味のある馬に差された」とコメントされています。


前回の記載以降、これまでの登録馬と抹消馬です。
登録04/27 ソービック 牝 14年生 ネオユニヴァース×ステファニーチャン 酒井牧場産 澤村敏雄 母中央3勝
登録05/05 フクノクオリア 牡 14年生 キンシャサノキセキ×ハロースピード 山際牧場産 福島祐子
登録05/05 フクノベルサイユ 牡 14年生 アドマイヤムーン×カリーノカフェ 浜口牧場産 福島祐子
登録05/19 ロザンジェ 牡 14年生 マンハッタンカフェ×エレガントトーク 宮内牧場産 西村憲人
登録05/26 グラスルーチェ 牝 14年生 ディープブリランテ×グラスファッション タツヤファーム産 半沢(有)
登録06/09 カーリージャール 牝 14年生 ケイムホーム×インフィジャール 福田牧場産 H.FAssociation
登録06/09 ナックエンジェル 牝 14年生 ネオユニヴァース×ソングオブプライズ 千代田牧場産 小松欣也

抹消03/16 ナンヨーピューピル 中央13戦未勝利 総賞金350万円 別途地方競馬転出時2戦2勝
抹消03/29 ニシノラピート 中央20戦2勝 総賞金1,895万円
抹消04/28 ギンザノサムライ 中央2戦未勝利(12着、15着) 総賞金0万円 杉浦厩舎では1戦のみ
抹消04/30 ナンヨールーク 中央17戦未勝利(最高4着2回) 総賞金216万円 別途地方競馬転出時2戦2勝
抹消05/18 シエロアスール 中央4戦未勝利(最高10着) 総賞金0万円
抹消05/25 キーライム 中央4戦未勝利(最高12着) 総賞金0万円
抹消06/14 マンボキッス 中央3戦未勝利(最高13着) 総賞金0万円
抹消06/15 コイシグレ 中央4戦未勝利(最高8着) 総賞金0万円

なお、このうち2頭は、(恐らく)杉浦厩舎に在籍した競走馬としてははじめて、楽天 サラブレッドオークション(6/16開催)に上場され、落札されました。
コイシグレ 牝 落札価格726千円(入札数82)
マンボキッス 牝 落札価格512千円(入札数90)


【平成28年3月22日(火)】

杉浦厩舎所属の500万クラスの馬
デジタルフラッシュ 牡5歳 父アグネスデジタル 母マチカネベニツバキ 母父サンデーサイレンス ノーザンF産

クラブ法人:シルクレーシングが募集価格1,500万円(500口)で募集した馬です。
最近の4走はいずれもC.ルメール騎手騎乗で全て3着(5→1→1→2人気)、ダート中距離戦で堅実に走るのですが、なかなか勝ち切れません。関係者の皆さん歯痒い気持ちと思います。
4走続けて同じ外国人ジョッキーを起用するというのは杉浦厩舎らしくなく、恐らく馬主さんサイドの意向だと思います。
しかし馬主(出資者)冥利につきる面もあり、これまでの成績は14戦1勝2着3回3着6回、総賞金も2,500万円を超え既に募集総額を上回っております。これからも稼いで?くれる馬だと思います。


【平成28年3月18日(金)】

年明けからの登録馬(なし)と抹消馬(6頭)です。未出走が3頭いることが気がかりです。
登録     なし
抹消01/16 セキショウ 中央35戦5勝 総賞金101,831,000円
抹消01/27 マルギット 牝3未出走
抹消02/02 サンニードルス 中央5戦未勝利 総賞金1,100,000円
抹消02/11 ウエルカムホーム 牝3未出走
抹消02/25 ヴェズレー 牝3未出走
抹消03/03 グラスドルチェ 中央5戦未勝利 総賞金0円

移籍馬が1頭います。
ギンザノサムライ 牡 13年生 カジノドライヴ×トシザミカ 日高町・(有)ケイズ産 大久保與志雄 鹿戸雄一厩舎から移籍(成績は1戦12着のみ)


【平成28年2月7日(日)】

西山牧場の西山オーナーのブログで、所有している2歳馬の今年の入厩先・馬名が掲載されました。杉浦厩舎には、
セイウンイチリン 牝 父リーチザクラウン 母ニシノエルハーブ 三石軽種馬共同育成センター産
西山牧場ゆかりのカプリッチョーサの牝系 何とか父の初勝利をこの馬で!

クラブ法人の馬で入厩予定は、
テイクワンズアイの14 牡 父ファルブラヴ ノーザンファーム産 キャロットクラブ 募集価格1,400万円(400口:満口)
調べた際に見落としているのかもしれませんが少ないです。以前はラフィアン系、大樹、ウインを除けばそれなりに入厩実績あるはずですが。

あとは厩舎の主力馬主であり山岸桂市さんの関係から入厩が有力視される馬が、
アカリの2014 牝 父ケイホーム 川島牧場産
本馬の馬主は母同様、山岸さんという情報がありますので入厩が期待されます。母は矢野牧場産で杉浦厩舎に所属したネオユニヴァース産駒、中央で3勝を挙げました。その母の初仔となります。


【平成28年2月6日(土)】

先日、メイクデビュー(中山ダート1200m)を勝ったガイアトウショウについて、レース後、
柴山騎手「返し馬からいい雰囲気で、走りそうな感じがしていた。砂をかぶっても大丈夫だたし、道中は周りを気にするところもなかった。外に出してからしっかり伸びた。初戦とは思えない上手な競馬。強い競馬だった。適性はやはりダート短距離か。」
杉浦調教師「まだ全体的に緩い。これからの馬。」

平成20年から新馬戦は「メイクデビュー」とうたわれていますが、杉浦厩舎の馬で昨年までに「メイクデビュー」を勝った馬は、
アイアムカミノマゴ、ニシノマドカ、カトルズタッチ、アティロン、レオハイタッチ、ニシノラピート の6頭と粒揃いです。

トウショウ牧場産、トウショウ牧場所有で杉浦厩舎の在籍した馬の稼ぎ頭(総賞金)は、
ワンノブトウショウ(6,916.9万円)ですが、この馬は開業時に移籍してきた馬で、移籍時は既に1勝挙げていました。厩舎開業初勝利や500万特別、900万平場と杉浦厩舎でも3勝挙げています。
トウショウデュエル(現役 1,430.0万円)が、杉浦厩舎デビューで最も稼いでいる馬で2勝挙げています。
また1勝馬もトウショウアミラル、フェザートウショウの2頭です。
毎年のように預託いただいていますが勝星を挙げた馬は4頭。今回のガイアトウショウが5頭目になります。


【平成28年1月24日(日)】

今日の中山競馬場第3Rメイクデビュー中山で杉浦厩舎・ガイアトウショウ(牝3)がデビュー勝ちしました。
昨日の2勝と同じダート1200m戦。騎手は柴山騎手で、単勝7番人気と人気薄でした。
父デュランダル、母父サクラバクシンオーという血統と、厩舎の性格から、一度叩いて2戦目以降に注目したいと思い馬券は購入していませんでした。
昨年閉鎖されたトウショウ牧場の生産・所有馬。杉浦厩舎のこの世代では、恐らく唯一のトウショウ牧場の馬になるでしょう。ということは、今年の2歳馬以降どうなるか不確かですが、厩舎最後のトウショウ牧場の馬になるかもしれません。
杉浦調教師が、厩舎開業しての初勝利は、トウショウ牧場のワンノブトウショウでした。毎年、厩舎に産駒を預けていただたトウショウ牧場さんのためにも、是非桜花賞路線で活躍してほしいです。


【平成28年1月23日(土)】の2

今日の中山競馬場で、杉浦厩舎にとっての今年初勝利と2勝目を挙げました。
今週末は10頭の出走と、最近にしては珍しく多頭数だなと思っていたのですが、詳細を確認しておりませんでした。
今年最初に購入した馬券は、ナックビーナス(牝3)の前走(1/10の2着)で、結果的中し高配当でした。そのナックビーナスが今日第1Rに出走し、初勝利を挙げていたとは・・・今回は馬券も購入していませんでした(三連複、三連単以外は低配当でしたが)。
デビュー戦3着以来、2着が3回続き、今日は5戦目。今日も2番人気でした。
(1番人気でタイム差なしのハナ差2着だったリバティークイーンも同様の成績で、デビュー戦3着以来、3,3,6,2着ときて6戦目でした。)

2勝目は、ロージーサンセット(牝3)が「未勝利戦、ダート1200m、横山典弘騎手」とナックビーナスと同条件の第3Rでした。こちらは、デビュー戦7着後の2戦目で5番人気でした。レース内容もナックビーナス同様、先行しての抜け出しでした。

話をナックビーナスに戻します。
デビュー以来、着実に掲示板上位にくるものの勝ち切れなかった杉浦厩舎の馬としては、GTホース・ショウワモダンが思い出されました。ショウワモダンは、杉浦厩舎の馬としては、テレグノシスに次いで総賞金が多かった馬です。デビュー戦は、大野騎手騎乗で6着だったものの、2戦目以降、3,2,2,2着ときて6戦目で、大野騎手で初勝利を挙げました。
ナックビーナスには、ショウワモダンのような息の長い、そして重賞を勝つような活躍を期待します。


【平成28年1月23日(土)】

先日13日(水)大井競馬第11R第19回TCK女王(JpnV)に出走した杉浦厩舎のセキショウ(牝6)。
JRA所属馬5頭が出走し、上位5番人気までを占めるなか、単勝5番人気でしたから、順当といえば順当の着順ですが、唯一ダート経験のない馬でしたから一抹の不安はありました。
それでも、大井競馬場で実績十分の内田博幸騎手でしたから期待の方が大きかったです。
レースは地方馬のなかでは1番人気(全体で6番人気)で吉原騎手騎乗のノットオーソリティ(牝5)が最内から逃げて、2番手にセキショウ、1番人気・大野騎手騎乗のホワイトフーガが3番手グループと絶好の位置。
展開はスロー。どの馬にもチャンスはあったかもしれません。
直線で逃げ馬が後退するなか、セキショウにも”切れる脚”がありません。
ホワイトフーガが楽に先頭にたち、後続のJRA勢も追い込み、最後まで粘ったセキショウは4着(賞金220万円)でした。

これで今年は芝砂兼用で、地方重賞を1勝できるのではないかと期待したのですが、突如。1月16日付でJRA登録を抹消されました。「怪我」等や地方移籍の報道はありませんので繁殖入りと思います。クラブ法人所属馬はじめ牝馬6歳は引退のタイミングでもあります。馬主・山岸桂市さんと生産者・坂東牧場さんの間で買戻しの特約などあったのかもしれません。ひょっとしたら、最後のダート戦は、今春の種付け相手を決めるにあたりダート適性を確認するための出走だったのかもしれません。いずれにしても、無事繁殖生活をスタートさせてほしいものです。お疲れ様でした。

さて、山岸さんの所有馬のうち稼ぎ頭はショウワモダンであり、セキショウは2番目の稼ぎ頭となりました。続いて、ルナ、イチブン、カトルズリップス、ウォーボネットと引退した馬が続き、その次に現役馬・クラーロデルナ(牡7)がきます。全て杉浦厩舎所属馬です。
牝馬も多いのですが、繁殖入りして、その産駒が杉浦厩舎に入厩した例がまだ多くありません。ミラクルクロス産駒のヴェズレー(牝3未出走)くらいでしょうか。
山岸さん縁の血統の馬が、杉浦厩舎で益々活躍することを期待しております。


【このページの先頭へ】 Field"M"(フレームが表示されていない場合はここをクリックしてください!)
inserted by FC2 system